田舎に泊まろうをしてみた

 

どーもUTAことゆーたです♨

 

 

皆様、あけましておめでとうございます。

2017年1発目のブログでございます。

 

 

昨年は激動の1年でござんしたが、今年はもっともっとやらかしたいと思っております。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

さてさて今回のブログは

前から自分のやってみたかった

「田舎に泊まろう」

を新年早々にブチかました内容でございます。

 

 

実は僕、

田舎の親戚の家に行く

という経験をしたことがなく、ドラマやマンガを見てはいつも田舎に憧れを抱いておりました。

 

電波が通じるか通じないかギリギリなくらい田舎で、山以外何もない。

 

 

都会の物と比べるとやたらでかい畑の野菜とか米なんか食べたいですね。

となりのトトロに出てくるばあちゃんみたいな人がいて

 

「ばあちゃんの畑のもん食べたら、すーぐに元気になっちゃうよ」

 

なんて、男性なら異性から1度は言われてみたい言葉ではないでしょうか?

 

 

 色々試行錯誤をしたものの、

高校の夏休みは暇を持て余し、ひょんなことから美人の先輩の実家で彼氏役をするといった某サマーウォーズ的なこともなく

 

大都会名古屋帝国でスガキヤラーメンを食べて過ごす僕がいました。

 

f:id:utaparkour:20170110144223j:image

 

 

 

そんなある日。

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分も実家(田舎)に帰省したい」

 

 

とおもむろにカメラ友達に話したところ

 

 

「僕の実家、超田舎なんですけどきますか?1月頭辺りちょうど帰省してるんで!」

 

「行くンゴ」

 

「本当に遊びに来てください!めちゃくちゃ良いところなんで!」

 

「帰省するンゴ」

 

 

といきなり「田舎に泊まろう」が成立しました。

 

もう「帰省する」という単語を使いたくて仕方のなかった僕からすると願ってもない話。

 

 

早速日にちを決めました。

 

 

 

 

 

そして迎えた当日。

 

頭の中では

【2年ぶりに実家に帰省する息子】

という設定で名古屋駅から快速みえに乗車。

初の関西線に胸がムネムネでございます。

 

しかもローカル線特有のディーゼル音がたまんないですね。

 

これだけで白飯3杯いけます。

 

 

さてここからは僕がどのように

【田舎を泊まろう】

を楽しんだのかを、オートフォーカス機能の壊れたクソ一眼の写真と共に皆さんに紹介していきたいと思います。

 

 車内でパシャり。

f:id:utaparkour:20170110144517j:image

この日初めてオールドレンズを使ってみました。

軽くて持ち運び楽チン丸です?

 

 

乗り換えの多気駅にて

f:id:utaparkour:20170110144725j:image

地元の学生さんたちが賑やかになり集まっておりました。

 f:id:utaparkour:20170110173855j:image

 

 

大都会名古屋帝国からローカル線を乗り継ぎ2時間半。

 

きらびやかなビルやマンションは一切なくなり、空気の綺麗な浮田家(カメラ友達)の実家に到着しました。

 

 

つ、ついに憧れの田舎生活が始まるぜぇぇっー!!

 

 

 

 ついて早々浮田家から豪華なおもてなしが!!

 

 

f:id:utaparkour:20170110150648j:image

 

鍋、ナベ、なべー!!

 

 

いやぁ、はぁ、もうね。

 

田舎と言えば鍋ですよ。はい。

 

 

地元で採れた栄養たっぷりの野菜をふんだんに使用した、地元ならではの鍋。

さらには刺身や牡蠣やら自家精米やら、もうオンパレードでございます。

 

こんなの美味いに決まってるぅ!

 

 

 

 

 

 

たらふく食べた後はカメラ友達とその弟を引き連れて、地元の心霊スポットへ肝試し。

ひたすら真ん中のポジションを死守したのはビビってたからではありません。

 

全然ビビってねーし。

 

全然こわくねーし。 

 

いざとなれば友達の弟(高校生)を生贄にして自分は逃げようとか思ってねーし。

 

 

 

 

1時間くらい肝を試した後はあっつあつのお風呂に入り、コタツでぬくぬく。

 

 

うーむ。なんて贅の極みなのだ…。

 

 

 

 

 

その日はそのまま布団でスヤスヤし

日が変わり田舎に泊まろう2日目。 

 

 

この日のお昼は友達含め4人で伊勢神宮へ行くことに。

 

 

こちらに関してはまた別のブログで紹介します?

 

 

食べ歩き、写真の撮り歩きをしていたら、なんだかんだ夕方に帰宅。

 

 

歩き疲れた僕たちはそのままこたつで爆睡。

 

 

2時間後、浮田家母に起こされて、

そのまま家族みんなでBBQ??

 

 

 

こんな夜から派手にバーベQしちゃうなんて、、、

贅の極みでやんす??

 

 

 

たらふく食べた後はまたこたつに戻り、熱血UNO大会が開催。

 

負けた人は何か罰ゲーム?

 

罰ゲームなんてただの飾りです。

偉い人にはそれがわからんのです

 

そんなものなくとも盛り上がるとです。

 

 

僕は(22歳)とカメラ友達弟(17歳)とガチンコ勝負して勝ちました。

ざまあみやがれ!

 

 

 

そして夜の11時頃。

 

 

田舎の醍醐味と言っても良いでしょう、

星空を見に行くことに?

 

 

山道には野生の鹿やら猿やらがうようよ。

幽霊よりもある意味怖いです。

 

 

 

 

 

山のてっぺんに車を停め、僕、カメラ友達、カメラ友達姉、小池(仮名)の4人は地べたに寝転がって星空を眺める会をしました。

 

f:id:utaparkour:20170110161833j:image

 

う〜ん、どれが何座とかようわからんけど綺麗だのう〜。

 

 

車の屋根の上に乗りパシャり

f:id:utaparkour:20170110161911j:image

 

なかなか良い感じ!!

 

 

 

そして寝転びながら流れ星を見た回数を競う会を開催。

 

 

な、なんだこの青春。

 

 

母ちゃん、俺は今、めちゃ青春してるぜ!

 

 

 

 

そう思いながら流れ星を見ていたら、なんだかウトウトしてきました。

 

 

(あれれ、寝そうだな…。

こんな寒い中外で寝たら死んじゃうなぁ…。まぁいいかぁ…。)

 

(´ω`)スヤァ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪を引きました☺

 

 

 

 

 

 

 

朝起きたら鼻水は出るわ、喉に変なおっさんおるわ、悪寒がボルト並みに走るわで…。

 

 

そらそーなるわ。

 

 

 

ということで大名古屋帝国を強制帰国ということで、

「田舎に泊まろう」

は幕を閉じました。

 

 

 

 

 

それでは最後のまとめにうつりたいと思います。

 

 

 

 

 

 

田舎に泊まろうでわかったこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【冬の夜に外で寝ると風邪を引く】

 

でした。

 

 

知らなかった皆さんも多いでしょうが、気をつけてくださいね。

 

浮田家の皆さん、大変お世話になりました。

 

 

また、わたくしUTAは常時、田舎へ帰省する場所を探しております。

「うちの地元来てよー!」

なんて方がいましたらご連絡ください。

 

荒らしに行きます。

 

 

 

あ、あけましておめでとうございました。