読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プラモデルど素人がTiger1を作ってみた

 

 

どーもUTAことゆーたです♨️

 

 

 

最近友人に

「お前のブログの『UTAことゆーたです』の使い方っておかしくね?」

と指摘されました。

 

 

確かに「UTA」と書いて「ゆーた」と読んでいるということは

 

「ゆーた」こと「ゆーた」です

 

と言っているようなもん。

 

 

これからは

「純白のハイソックス」

とか

「戦慄のクソニート」

といったかっこいいキャッチフレーズを書いていこうと思います。

 

 

 

さてさて本日は見る人によっては僕のブログ史上1番つまらないブログになる予定です。

 

 

しかし

 

 

 

男のロマンがたっぷりと詰まった内容になっておりますので

そんなのが大好きなお方は是非ご覧ください。

 

 

 

 

**

 

 

 

11月中旬

 

 

無事に22歳の誕生日を迎えた僕は、自分で自分の誕生日プレゼントを買うという荒技を成し遂げました。

 

ホビーショップで1人

「たまらんでござる」

と言いながら選んだプラモデルがこちら

 

 f:id:utaparkour:20161203140849j:image

 

Tiger1 後期生産型でございます。

 

 

 第二次大戦の中でも1番有名な戦車と言っても過言ではないほど、伝説的強さを誇ったタイガー戦車。

 

今回はこちらのプラモデルを、youtubeやプラモブログを参考に作っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

まずは開封

 

f:id:utaparkour:20161207153753j:image

 

 

おびただしい数のパーツ。。。

 

これを1つ1つニッパーで切り落としていきます。

 

f:id:utaparkour:20161207153725j:image

 

中にはこんなパーツまで

 

f:id:utaparkour:20161207153633j:image

 

ちっせぇ!!笑

 

 

これらを説明書に沿って切り落とし、接着していきます。

 

f:id:utaparkour:20161207153908j:image

 

f:id:utaparkour:20161207153920j:image 

 

 

途方もない作業だな…

 

 

 

 

しかし根気良く組み立てていきます。

 

 

 

すると

 

 

 

f:id:utaparkour:20161207154119j:image

 

 

おぉ!

 

戦車っぽくなってきた!

 

 

 

そしてようやく…

 

 

 

f:id:utaparkour:20161207154243j:image

 

 

 

おぉ!!

形になったぞ!!

 

 

 

 

 

 

しかしこれでは真っ黄色のプラスチック感が半端ないので、

ここからガンプラしか作ったことの無い僕には未知の領域である

 

「塗装」 とやらをやっていきたいと思います。

 

 

プラモデル塗装なんぞ初めての僕は、とりあえず道具を揃えなければいけません。

 

 

ということで同じ模型を組み立てている動画を参考に、使っている道具を買うことに🏃🏻🏃🏻

 

参考動画大人のプラモ道 戦車を作る2 (塗装編) - YouTube

 

 

f:id:utaparkour:20161207190727j:image

 

小学校の頃からお世話になっている家の近くの模型屋さん。

80歳の頑固おじちゃんが現役で頑張ってます👴🏻👴🏻

 

 

 

ということで塗装するための塗料や、筆、塗料を薄める溶剤などをたくさん買い

いざ塗装スタート!!

 

 

 

まずはサーフェイサーという塗装の下地をスプレーで満遍なく吹き付けます。

 

f:id:utaparkour:20161207191324j:image

 

 

おぉぉぉぉ…

 

 

これだけでもなんか本格的な感じがするぞいや…

 

 

 

そしてここにこのタイガー戦車の車体色であるグレーのスプレーをこれまた満遍なく吹き付けます。

 

 

ちなみにタイガー後期型の車体色はイエローや緑の迷彩なのですが、今回はゲームの影響からグレーで色をつけていきます。

 

 

 

f:id:utaparkour:20161207191625j:image

 

 

うほほーー!!

 

 

もう完成でええやーん😍😍

 

 

 

 

 

車体色を入れただけでこんなかっこよくなるんか!

 

そしてこのスプレーの匂いが強烈にくせぇぇぇー!!

 

 

と興奮ぎみの僕。

 

しかしここからさらに塗装はすすみます。

 

 

このままではキャタピラの色もグレーなので、キャタピラの色と一部の装備品を茶色で筆塗りしていきます。

 

f:id:utaparkour:20161207191956j:image

 細かい部分は全神経を集中させ、はみ出さないように塗っていきます。

 

 

鉄の部分は鉄の色、銃は黒色とそれぞれわけつつ筆で塗っていくと…

 

f:id:utaparkour:20161207192144j:image

 

 

おいおい

かっこよすぎんか、きみ。

 

 

さっきの黄色のプラスチック感どこいった。

 

 

塗装がこうも楽しいとは…。

 

 

 

ある程度車体が塗れたところで、デカールというシールのようなものを貼ります。

 

f:id:utaparkour:20161207192538j:image

 

 

これで新品のタイガー戦車が完成!!

 

 

 

しかし塗装の醍醐味はここから!

 

 

 

新品のタイガー戦車ができたので、次からは、幾度の戦闘でできたであろう傷や埃、泥感を出す塗装をしていきます。

 

 

 

薄い茶色を車体に塗り、凹んでいる部分には黒色をいれて立体感を出していきます。

 

f:id:utaparkour:20161207193114p:image

f:id:utaparkour:20161207193301p:image

隅っこにサビっぽく茶色を残すように筆でなぞっていきます。

 

汚しが入るだけで段々とリアルな質感になってくるなぁ🤔

 

 

 

また金属の塗装が剥がれ落ち、銀色が露出しているような表現も、

筆先でチョンチョンつけていく感じでやっていきます。

 

f:id:utaparkour:20161207193322j:image

 

銀色に光ってるだけで金属っぽい!!!

 

 たまんないっすね!!このキラキラ!!

 

 

こうした処理を終え、完成したタイガー戦車がこちら!!!

 

 

 

 

 

f:id:utaparkour:20161207193421j:image

 

 

f:id:utaparkour:20161207193818j:image

 

たまらんな、おい。

 

 

 

 

最初はこんな

f:id:utaparkour:20161207193707j:image

プラスチックが

 

f:id:utaparkour:20161207193726j:image

 

こんな重量感満載な戦車になるとは…

 

 

 

 

ちなみにブログではサクサクと書いていきましたが、

このタイガー戦車を作るまでに2週間も時間がかかりました😅

 

 

 

 

しかしコツコツと完成に向けて組み立てていく行程と、徐々にリアルになっていく感じがたまらないですね☺️

 

しかも2週間も本気になって作りゃあ、そりゃあもう愛着が湧きますよ。

 

我が子同然ですたい。

 

 

 

 

ということで、素人ながらも無事、組み立てから塗装までやることができました。

 

しかしやはり道具がなければリアルに仕上げることができない…

ということで大学帰りやバイト帰りに何度模型屋を行き来したことか…。

 

 

行っては少し買い物をし…を繰り返していたため、財布の紐は緩むばかり😭

 

 

 

今回の戦車プラモデルでかかった費用は、7000円ほどでした。

 

 

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

それなりの服買えるやん。

 

 

 

 

 

なにしてんねん、自分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで戦車プラモデルを作ってわかった結論がこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論:金は使うと無くなる。

 

 

 

 

 

お金って使うとなくなるんですね…。

 

最近気付きました。

 

 

 

しかしこれに懲りず今はザクを製作中です。

 

今回のブログが好評であれば、ザク編も書きたいと思います。

 

 

 

それではまた👋🏼