読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨーロッパのスリがどれだけやばいか検証してみたpart2

ブログ ふざけろ

 

どーもUTAことゆーたです♨️

 

 

「○○です」

と打とうとすると

「○○でふ」

と打ち間違えちゃいますよね!

 

この現象をデフレーションというのだと最近僕は気付きました。

 

本日も皆さんの心の中のツッコミを楽しみにしております。

 

 

 

 

 

さてさて前回のブログ

 

ヨーロッパのスリがどれだけやばいか検証してみた

 

のpart1が終わり、今回はpart2をお書きしたいと思います。

 

 

前回のブログはこちら

ヨーロッパのスリがどれだけやばいか検証してみたpart1 - utaの日記

 

 

 

 

 

 

 

 

 

財布をスられる準備を整え、決戦の地サクラダファミリア」に到着した僕と友達。

f:id:utaparkour:20161123120521j:image

 

 

 

いよいよ始まる世紀の一大イベント!

日本代表とスペイン代表の戦いを、ガウディが作り出したサクラダファミリアは静かに見守ります!

果たしてスペイン代表はどのような攻撃を仕掛けてくるのか?

実況は私UTA、解説は友達さんにしていただきます。

 

 

 

と、LIVEが流れてきそうな勢いでスタート。

 

 

ケツポケットに財布をスタンバイし、あたかも無防備な観光客を装います。

 

 

それでは今回の目的の達成条件をおさらいしてみましょう。

 

 

very good☺️

・スられる気でいるのにも関わらず、それに気付かないほどナチュラルにスられる

good😌

・気付いてしまうがスられる

bad👽

・スられない

very bad💩

・ボコボコにされる

 

 

 

常に財布には厳重な警戒を怠らないよう、

あくまで財布をとられたくない人

を演じました。

 

f:id:utaparkour:20161123121320j:image

 

うん、観光客っぽい。

 

いい感じやないの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜2時間後〜

 

 

 

 

 

 

何も起こらない…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スられるどころか怪しそうな人すら寄ってこない。。。

 

 

 

 

 

 

 

何故だ…?

 

 

 

 

 

 

 

友達に聞いてみると

 

 

 

「今日は平日だし観光客も少ないからじゃない?」

 

 

 

とのこと。

 

 

 

 

 

おいおい。

 

 

 

 

バルセロナ平和じゃねぇか。

 

 

 

 

 

これじゃあスられる経験できないじゃんか!!

 

 

 

 

 

 

 

 

友達「なら今度イタリアでやってこれば?

あそこはもっとスリ被害半端ないよ」

 

 

 

 

 

なるほど、イタリアか。

 

 

 

パスタも食べたいし行くか🇮🇹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということでスペインでは結果が残せませんでしたが、今度はイタリアでリベンジを果たしたいと思います。

 

 

 

 

〜part3へ続く〜