ヨーロッパのスリがどれだけやばいか検証してみたpart2

 

どーもUTAことゆーたです♨️

 

 

「○○です」

と打とうとすると

「○○でふ」

と打ち間違えちゃいますよね!

 

この現象をデフレーションというのだと最近僕は気付きました。

 

本日も皆さんの心の中のツッコミを楽しみにしております。

 

 

 

 

 

さてさて前回のブログ

 

ヨーロッパのスリがどれだけやばいか検証してみた

 

のpart1が終わり、今回はpart2をお書きしたいと思います。

 

 

前回のブログはこちら

ヨーロッパのスリがどれだけやばいか検証してみたpart1 - utaの日記

 

 

 

 

 

 

 

 

 

財布をスられる準備を整え、決戦の地サクラダファミリア」に到着した僕と友達。

f:id:utaparkour:20161123120521j:image

 

 

 

いよいよ始まる世紀の一大イベント!

日本代表とスペイン代表の戦いを、ガウディが作り出したサクラダファミリアは静かに見守ります!

果たしてスペイン代表はどのような攻撃を仕掛けてくるのか?

実況は私UTA、解説は友達さんにしていただきます。

 

 

 

と、LIVEが流れてきそうな勢いでスタート。

 

 

ケツポケットに財布をスタンバイし、あたかも無防備な観光客を装います。

 

 

それでは今回の目的の達成条件をおさらいしてみましょう。

 

 

very good☺️

・スられる気でいるのにも関わらず、それに気付かないほどナチュラルにスられる

good?

・気付いてしまうがスられる

bad?

・スられない

very bad?

・ボコボコにされる

 

 

 

常に財布には厳重な警戒を怠らないよう、

あくまで財布をとられたくない人

を演じました。

 

f:id:utaparkour:20161123121320j:image

 

うん、観光客っぽい。

 

いい感じやないの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜2時間後〜

 

 

 

 

 

 

何も起こらない…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スられるどころか怪しそうな人すら寄ってこない。。。

 

 

 

 

 

 

 

何故だ…?

 

 

 

 

 

 

 

友達に聞いてみると

 

 

 

「今日は平日だし観光客も少ないからじゃない?」

 

 

 

とのこと。

 

 

 

 

 

おいおい。

 

 

 

 

バルセロナ平和じゃねぇか。

 

 

 

 

 

これじゃあスられる経験できないじゃんか!!

 

 

 

 

 

 

 

 

友達「なら今度イタリアでやってこれば?

あそこはもっとスリ被害半端ないよ」

 

 

 

 

 

なるほど、イタリアか。

 

 

 

パスタも食べたいし行くか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということでスペインでは結果が残せませんでしたが、今度はイタリアでリベンジを果たしたいと思います。

 

 

 

 

〜part3へ続く〜

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパのスリがどれだけやばいか検証してみたpart1

 

 

どーもUTAことゆーたです♨️

 

 

 

 

みなさんはよく

「海外はスリや盗難が多い」

という情報を耳にしたことはありませんか?

TVや新聞でも度々ニュースにでますよね。

 

今年は海外に行く機会が多かったため、実際に現地で出会う旅行者やバックパッカーからも、スリや盗難被害の話をよく聞きました。

 

しかし幸運なことに僕は今のところ1度もそんな経験がありませんでした。

 

 

 

ほんでもって8月某日

 

スペインに滞在していた僕は、友達とこんな話をしておりました。

 

 

友「バルセロナのスリは本当にやばいよ!スられたかどうかもわからないくらいナチュラルだし、プロのスリ集団だからね」

 

ぼく「TVでも見たことあるけどすごそうだね」

 

友「観光客じゃなくて現地人ですらターゲットにされるからね。本当にすごいよ」

 

 

ぼく(そんなすごいスリならスられるのを体験してみてぇなぁ)

 

 

ぼく「スられてみてぇ」

 

 

友「馬鹿なの?」

 

 

ぼく「スられる覚悟でいても、スられたことに気付かないくらいだったら相当凄腕じゃね?ちょっとやってみん?」

 

 

友「スペインナメてるでしょ?」

 

 

 

 

と、見ての通り交渉が成立し

 

スペインのスリプロ集団がどれだけ財布をスるのが上手いのか

 

を身をもって体験することにしました。

 

 

題して

 

 

【スペインのスリプロ集団がどれだけ財布をスるのが上手いのか】

 

でございます。

 

 

さっきと同じじゃねぇか。

 

 

 

 

 

〜用意するものはこちら〜

  • いらない財布
  • いらないポイントカード、レシート
  • 数十円くらいのコイン
  • スられても良い覚悟

 

 

 

ここでぼくはいらない財布を持ち合わせていなかったため、いそいでショップで調達。

 

f:id:utaparkour:20161123112726j:image

 

サッカーチーム、レアル・マドリードの財布。

敵地であるバルセロナで購入したため、白い目で見られました。

 

 

財布を膨らますために色々なものを入れてきます。 

f:id:utaparkour:20161123112931j:image

 

気持ちばかりで30セントも入れます。

f:id:utaparkour:20161123113020j:image

 

少し彩りを飾るためにグミも入れてみました。

f:id:utaparkour:20161123113103j:image

 

 

 

 

準備は万端。

 

 

後は財布をケツポケットに入れ、観光客っぽくカメラを持ち観光地に向かうとします。

 

目指すはスペインで1番有名なサクラダファミリア!!

 

 

待ってろよ!

プロスリスペイン代表!!

 

 

〜part2に続く!〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリーハグしてわかったこと

 

 

どーもUTAことゆーたです♨️

 

 

最近はもっぱら戦車プラモデルにハマっております。

 

先週迎えた22歳の誕生日の日も、家に引きこもって

「たまんねぇな」

と1人で言いながら作っており

その姿を母親は

「きもちわるい」

という6文字の言葉で表現してくれました。

 

 

読者の方から多数

「戦車プラモのブログを書いて欲しい!」

と意見を頂いている(はず)なので、後ほど書きたいと思います?

 

 

 

 

 

さてさて先日の火曜日。

 

僕は頭のおかしい友達5人と、フリーハグをしてきました。

それはもう大盛況で幕を閉じることができましたよ。

 

 

ん?

 

フリーハグって何?

 

 

そんな方もいらっしゃるかと思うので簡単に説明したいと思います。

 

 

【そもそもフリーハグって何?】

 

直訳すると

「フリーにハグすること」

ですね??

 

 

 

直訳できてねぇというツッコミは無視して、

路上で「フリーハグ」と書かれたボードを持ちながら、街行く人たちと無差別にハグしていくテロ活動のことです。

自由抱擁集団です。

 

 

【どうやってやるの?】

 

 

僕の場合は2パターンあり、

  • 拠点でひたすら立ってる
  • そこら辺を練り歩く

のどちらかをしながら、

近づいてきてくれた人とハグをします。

 

こちらから強制的にはやりません。

 

そんなことしたらあかんことになります。

 

 

 

【なんのためにするの?】

 

 

いや、だってさ

 

 

 

楽しいんだもん。

 

 

 

 

 

 

簡単にまとめると

  • 非日常的な楽しさ
  • ハグがあったけぇ
  • 金がかからない

 

もうこの3つですね。

 

 

お金をまったく使わないのにこんな非日常的なことを体験でき、おまけにハグなんてできちゃいますからね。

 

最強のコスパですよ。

 

海外行った時に挨拶でハグをよくしてたのですが、すごい安堵感に包まれるんですよね

 

 

 

【危なくないの?】

 

 

危なくないです。

 

 

むしろ僕らの方が危ないです。変人です。

 

 

 

 

ということで5人の変態紳士と共に夜の名古屋駅に繰り出してきました??

 

 

 

f:id:utaparkour:20161123095531j:image

行くぞっっ!!!

 

 

 

 

 

 

 

若干1名ドサクサに紛れておかしなボードを持ってますが、それもそれでいいでしょう。

 

 

 

やっているうちに徐々に人が集まってきたり、Twitterを見て友達が見にきてくれたりしました?

 

 

いつの間にか仕事帰りのサラリーマンや、JKが一緒に加わり

ついにはふざけて立てていた目標の

【100人とフリーハグ

を達成し

合計103人の人たちとハグすることができました☺️☺️

 

 

 

3時間でめっちゃハグしたぜ…。

 

 

 

【ハグしてくれた人の特徴】

  • 外国人はほぼ抵抗なくしてくれた
  • ノリの良い学生やサラリーマン
  • 意外にも半数以上が女性
  • 僕らと同じ頭のおかしい人

 

 

 

 

大盛況で幕を閉じた今回。

 

最後は打ち上げがてらメンバー2人とラーメンを食べに?

 

これがまた最高に美味かったです?

 

 

 

 

帰りの電車にて

余韻に浸りながらフリーハグしてわかったことを1人で考えていました。

 

 

 

(いや〜、やっぱフリーハグは楽しいなぁ〜?)

 

 

(ハグを通して人の暖かさに触れれるっていいな☺️)

 

 

フリーハグをする意味を今一度しっかりと考えてみるか〜?)

 

 

 

(ん、あれ?この広告の中条あやみかわいいなぁ?)

 

 

 

(あのポカリのCMの時とかめちゃくちゃかわいかったもんなぁ…。)

 

 

 

 

(´-`).。oOやっぱ黒髪はええなぁ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【結論:中条あやみはかわいい。】

 

 

 

 

こちらからは以上です??

 

 

 

 

 

デンマークで砂を食べに行った話

 

 

どーもUTAことゆーたです♨️

 

 

 

最近バイトの体操の先生をしていたら小学3年生の生徒にこんなことを言われました。

 

 

生徒「先生が行ってる大学って頭いいのー?」

 

僕「先生のとこはそんな良くないかなー?(小学生なのに大学のことわかるんだ…)」

 

 

生徒「えぇー、じゃあ馬鹿なのに先生やってるのー?」

 

 

僕「まーそーゆーことになるなぁ」

 

 

生徒「きもー」

 

 

 

という会話になり、

 

 

「いいかい?

先生というのは子どもからすると完璧な存在に見えてしまう。しかし先生という立場は教えているのと同時に教えてもらってる身でもあり、先生でも失敗もすれば成長もする生き物なんだよ。

だからその、なんだ。

まぁそーゆーことだから蹴るのやめてくれない?」

 

 

としか言えませんでした。

(正直に言うと「蹴るのやめてくれない」しか言ってません。)

 

 

うむ、非常に難しい質問だ?

 

 

 

 

 

さてさて

本日はデンマークで砂を食べに行ったお話をしたいと思います。

 

 

 

 

**

 

 

 

 

首都コペンハーゲンからどれくらいかかるのか、ましてや街の名前なんなのかすらわからず

場所はどこかと聞かれたら「上の方」としか答えられないほど雑さですが

 デンマークの上の方に行った時の体験です。

 

 

 

 

セバスチャン君がかっちょいいパルクールの映像を撮りたいと言い出し、

「車で何時間かかけてかっちょいいスポットに行こう。」

という雑すぎる説明を受け、その「かっちょいいスポット」とやらに向かう僕たち。

 

 

どうやら第二次大戦時にドイツ軍が使っていた要塞跡地に向かうらしく、要塞跡地でパルクールの撮影をする模様。

 

 

着いた場所がこちら

 

f:id:utaparkour:20161103153642j:image

 

 

 

おぉーー!!

かっちょえぇぇー!!??

 

 

f:id:utaparkour:20161103153745j:image

 

男であればロマンを感じてしまうこの今や廃れてしまった要塞跡地。

 

 

あまりの巨大な建造物ぶりに息を呑むばかりの僕。

 

f:id:utaparkour:20161103153932j:image

 

 

海岸線にズラーっと佇んでいる要塞。

管理をされている様子はなく、サクッと登れてしまえるため中にも自由に入れます。

 

f:id:utaparkour:20161103154214j:image

 

砲台跡地から眺めた景色。

ここから海の水平線から攻めてくる敵をどのような気持ちで眺めていたんでしょうか…。

 

 

 

 

干渉に浸っている僕はさておき、一緒にきたデンマーク人たちは

「建造物がデカすぎて何もできない」

という結論になり

 

 

「もう1つのかっちょええスポットに移動」

 

 

とのことに。

 

 

 

おぉ、次はどこに行くんだろ、おらワクワクすっぞ〜。

 

 

セバスチャン「次は砂漠に行くよん」

 

 

 

さ、砂漠!?

 

 

近所の長田公園の砂場を「長田砂漠」と呼ぶくらい砂漠に縁が無かった僕にとって

「砂漠」

という響きは冒険感MAXで期待大でございます。

 

 

 

 

ということで車で移動し、テクテクと歩くこと20分

 

 

 

するとこんな景色が目の前に…

 

 

f:id:utaparkour:20161103154852j:image

 

 

 

うぉぉぉぉぉーー!!!

 

 

かっけぇぇぇぇぇーーー!!!!

 

 

 

 

 

 

なんだ!

この溢れ出るラスボス感!!! 

 

前に歩くセバスチャンたちがより一層勇者感を引き立てております。

 

 

セバスチャン、君のかっちょええチョイスは最高だぜ…。

 

 

 

そしてそのまま歩くこと10分、

 

 

ついに砂漠ゾーンへ突入。

 

 

 

 

ここで1つのことに気付きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「風強すぎないか?」

 

 

 

 

 

 

そう、風がアホみたいに強く、

例えるのであれば

「風、強すぎること風の如し」

といった感じでしょうか。

 

 

 

この場所で粉薬を飲むことは不可能というレベルの風が強さです。

 

 

さらにこの劣悪な環境に拍車をかける要因として

 

 

「ここは砂漠である」

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

 

  • まず前は向けない。
  • 砂が穴という穴に侵入してくる
  • 砂が痛い
  • 砂に足をとられ、風にあおられ転倒。
  • 最早自分が今どこにいるのかわからない。

 

という劣悪な環境、、、

 

 

 

 

f:id:utaparkour:20161103160439j:image

 

 

写真ではまったく伝わらない風の強さ。

 

 

 

そこで風の強さが伝わりやすい写真をご用意いたしました。

 

 

 

 

f:id:utaparkour:20161110112112j:image

 

 

 

 

どうでしょう?

 

伝わるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

せっかく朝から15分かけてセットした髪型もここでは無駄。

 

 

すべてを無にする死の砂漠なのです。

 

 

 

 

そしてここでは圧倒的な乾燥性からかなりの水分が持ってかれます。

 

人間の体の水分率は60%であり、10%でも減ると危険と言われていますが

 

この時ばかりは40%くらい持ってかれた感覚でした。よくぞ生きててくれた、我が身体。

 

 

 

 

ロケーション自体は最高です!

 

 

f:id:utaparkour:20161110112922j:image

 

こんな景色や

 

f:id:utaparkour:20161110112946j:image

 

こんな景色が見れます。

 

ちなみに僕はカメラがぶっ壊れる覚悟で撮りました。

 

 

 

 

最後に簡単にまとめてみたのでご覧ください↓↓↓↓

 

 

?こんな方にオススメ?

 

 

 

 

 

【今日の教訓】

砂は食べるとまずい。

 

 

 

 

セバスチャン、ありがとよ!

 

 

あとお前の家にイヤホン忘れてったわ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然きた連絡

 

 

どーもUTAことゆーたです♨️

 

 

 

寒くなり体調を崩される方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

僕は外の寒さに耐え、ようやく暖かい家に帰宅し

冷蔵庫にあるアイスを食べて

「人生最高」

という毎日を過ごしております。

 

 

 

 

突然ですが皆さんにこちらの写真を見ていただきたいと思います。

 

 

 

f:id:utaparkour:20161107133221j:image

 

車の中で爆睡する僕と小池(本名)くんの写真。

 

 

 

 

実はこの写真

 

 

ヒッチハイクで乗せてくださった方に撮って頂いた写真なのです。

 

 

 

まずはこの写真のエピソードについて話させていただきます。

 

 

**

 

 

 

大学2年の夏にヒッチハイクで名古屋からひたすら西を目指した僕ら。

 

 

 

それまで順調に進んでいた僕らですが、兵庫から急に乗ることが難しくなってきました。

 

 

半ば諦めかけていた時、2人のおじさんが声をかけてくださいました。

 

 

 

その方たちは兵庫から一気に鹿児島まで行くみたいで、快く乗せてくださいました。

 

 

 

途中、広島で一泊する際

その2人の方はホテルに泊まる予定でしたが

僕らのお金の無さに気を遣ってくださり

「外は危ないから車の中で寝ていいよ」

と赤の他人にも関わらず車のキーを預けて車中泊をさせてくださいました。

 

 

それから鹿児島まで乗せてくださり、

 

「せっかく九州まで来たのなら、ご当地グルメでも食べて精を出しん!」

 

とご飯もご馳走してくださり

 

僕らの目標であった

「西日本縦断」

をたった2日で達成することができました。

 

 

 

本当に良くしてくださりました。

 

 

 

 

 

 

そして、今日。

 

 

 

突然そのドライバーの方から連絡がきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おじさんが病気で亡くなった」

 

 

 

 

 

 

突然の訃報にびっくりしました。

 

そして正直信じられませんでした。

 

 

あの元気そうで娘の話を幸せそうにしてくれたあのおじさんが?

 

 

 

 

悲しい気持ちでいっぱいでした。

 

 

僕にとっても、恐らく友達にとっても1番印象的で優しくしてくださった方でした。

 

そんな僕らに対しその方も、

 

「あの時4人で撮った写真が本当に好きだ。良い思い出だ。出逢ってくれてありがとう。」

 

と何度も言ってくださりました。

 

 

 

あの時のヒッチハイク西日本縦断で大きく自信のついた僕らは、

今では世界を周ったり、立派なところに就職できたんですよ!

 

と伝えると

 

 

「僕らは君たちの人生の一部に関われたことを嬉しく思うし、おじさんも嬉しいと思うよ」

 

と言ってくださりました。

 

 

 

 

 

 

 

突然の訃報に残念な気持ちでいっぱいですが、僕もそのおじさんの良き思い出の一部に残れたことを嬉しく思います。

 

そしてこれからもたくさんの人たちの思い出の一部を作れるように日々を大切に生きていきたいと改めれる出来事となりました。

 

 

 

 

たまには真面目なブログを書いてみました。

 

 

 

 

ご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

 

 

ムキムキデンマーク人

 

 

どーもUTAことゆーたです♨️

 

 

 

とてもお久しぶりでございます。

 

前回のブログから約2ヶ月くらい空いてしまいましたが、

 

「ブログを微妙に楽しみにしてる」

 

という微妙に嬉しい言葉をいただいたので

またちょくちょくとブログを書いてこうと思います。

 

 

本日は8月頭に訪れたデンマークの首都、コペンハーゲンでの生活についてお書きします。

 

 

 

**

 

 

 

ドイツから鉄道で6時間

国が支援をするほどパルクール環境が整った国、デンマーク

 

首都コペンハーゲンにて数日滞在する予定になった僕は、世界的にも有名なパルクーラーと繋がることができ

彼の家に向かうことになりました。

 

 

 

 

有名人ということもありドッキドキしながら彼の家に行くと、ムッキムキな彼が現れました。

 

 f:id:utaparkour:20161026111948j:image

 

 

待って、怖すぎなんだけど?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、こいつ絶対人殺してるじゃん笑笑

 

 

ガタイ良すぎでしょ??

 

 

 

 

f:id:utaparkour:20161026112150j:image

 

 

腕にはがっつりと刺青が…。

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ?俺死ぬの?

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし話をしてみるとめちゃくちゃおもしろく優しいやつでした!

 

 

 

人は見かけによらんもんだの!

 

 

 

 

 

 

次の日にはそのムキムキデンマーク人ことエリアス君が、早速パルクールパークに連れてってくれました?

 

f:id:utaparkour:20161026112501j:image

 

さすがデンマーク

 

パルクールのための公園があるなんて激アツだぜ!!

 

 

 

そこで約1時間ほど練習したあと、

 

「次のスポットに行くぜ!」

 

と言われました。

 

 

(おぉ!まだまだスポットがたくさんあるのか!

これは先が楽しみすぎるぜコペンハーゲン!)

 

 

 

そして荷物を持ちそこから10分ほど歩くと、

 

 

そのムキムきエリアス君とその仲間たちは、突然道端で座り始めました。

 

 

 

 

 

 

 

どうしたんだこんなとこで?

 

 

 

 

そしてケータイに充電器をさし、一心不乱に上にスワイプを始めるデンマーク人。

 

 

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

 

 

こいつら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポケモンGOしてる???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、次のスポットと言われ連れて行かれた場所は

パルクールスポットではなく、ポケストップだったのです。

 

f:id:utaparkour:20161026122659p:image

 

 

 

彼らのポケモンGOのハマり具合は半端なく、その後もパルクールをしないままポケストップを歩きめぐりました。

 

 

特にエリアス君のハマり具合は度肝を抜くほどで

夜になると

 

 

「おい!UTA!

充電器だけ持って俺について来い!

近くにエレブーが出たらしい!

早くしろ!」

 

 

と、常にレアポケモン情報を収集するエリアス君。

 

 

コペンハーゲンの夜の街を、ポケモンGOのために2〜3時間ほど歩きまくる生活を送ってました。

 

 

(あれ?俺なにしにきたんだっけ?)

 

 

 

 

 

 

僕「明日も練習したいし、足休めたいから今日はもう帰らんかい?」

 

エリアス「向こうでガウディが出たらしい!行くぞ!走れ!」

 

僕(エリアス?)

 

 

 

 

 

のちにこのポケモンGO散策をコペンハーゲン行軍と名付けることになりました。

 

 

 

 

 

 

最後に彼にこんなことを聞いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

Q.あなたにとってパルクールとは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A.おい!ハイパーボールで捕まえれないとかこのケータイ壊れてんのか!

エレブー逃げちゃったじゃんか!!

 

ってうおおおおぉぉっー!

近くにもう一匹いるじゃん!走るぞUTA!走るぞ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダメだこいつ☺️

 

 

 

 

 

 

 

おかげでヨーロッパ限定ポケモンバリヤードをゲットできました。

 

 

ちなみに向こうではバリヤードのことをミスターマイムと言うらしく

 

 

「じゃあポケモンの主人公の名前はなんて言うの?」

 

と聞いたところ

 

「アッシュ・ケッチャム」

 

らしいです。

 

 

 

日本は「サトシ」だよ、と教えると

 

 

「Hahaha!なにそのダサい名前!

 

 

(いや、ケッチャムの方がダサいだろ…。)

 

 

 

 

最初のカッコ良くて怖いイメージが完全にぶっ壊れました。

 

f:id:utaparkour:20161026121353p:image

(今回のヨーロッパ旅で1番仲良くなれた外人パルクーラーだけどね☺️)

 

 

 

 

 

ちなみに彼のベットルームにはお手製のシャワールームが設置してあり、

 

自称

「世界で1番早くシャワーを浴びて寝れる部屋」

らしいです。

 

f:id:utaparkour:20161026121722j:image

 

ただたまに水が漏れ、ベッドがビシャビシャになるたびに手ですくって台所に流すそうです。

 

 

分けた方が良くね☺️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新たに出来た僕の夢

 

 

どーもUTAことゆーたです♨️

 

 

 

はやいもので日本に帰国してから2週間以上が経ちました?

 

それと同時に大学を休学してから1年が経とうとしております。

 

 

 

さてさて本日は

4ヶ月の海外旅を終えて感じたこと

そして

新たに出来た僕の夢

についてお書きしたいと思います?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【毎日が冒険だった海外生活】

 

f:id:utaparkour:20160918021024j:image

 

 

 

 

日本にいる時と比べ、時間やお金に縛られることなく気の向くままにパルクールを練習したり、昼寝したり、好きな物食べたりできた海外生活。

 

自分が今まで日本で抱えていた固定概念が壊れ、文字通り自分の中の世界が広がりました。

 

なにより変わったことと言えば

「心が満たされることが多くなったこと」

 

 

と、こんな書き方をすると気持ちが悪いのですが?

 

簡単に説明すると、自分のやりたいことをやり、言いたいことを言って、食べたい物を食べる。

簡単そうに見えて意外に出来ていなかったこと。

 

自分が本当やりたいことは?

 

お金や、親や、時間や、イメージや、今までの経験上で勝手にブロックをかけたり、聞こえないようにしてた自分の心の声を

きちんと聞けるようになったこと。

 

だから自分が何をしたいのか、何を言いたいのか、

 

我慢することなくやることができて、言えるようにもなりました?

 

 

 

結果、

毎日やりたいことをやって、言いたいことを言って、チャレンジして、歌って、食べて、、、、、。

 

 

我慢する必要がなく、自分が好きなことを言ってやれるから、自然と心が満たされてワクワクした気持ちでいっぱいになる。

 

まるで子どもの頃に戻った様な感覚??

 

 

 

多分こんな人たちを

「自由な人たちだなぁ、毎日楽しそうだなぁ」

と過去の自分は思い、

我慢することなく自由にやりたいことをやり、言いたいことを言う海外の人たちを見て、憧れていたんだと思います?

 

 

 

子どもの頃の童心がより大きくなり、毎日が冒険のように感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

【おもしろそうなことはしまくった大学生活】

 

f:id:utaparkour:20160918002629j:image

 

 

 

 

 

「本場ヨーロッパでパルクールをする」

 

 

これは僕が7年前にパルクールを始めてからずっと思い描いていた夢だった。

 

 

大学生になってからは

「学生のうちに必ず達成してやる!」

と企んでいた。

 

今回ようやくその夢は叶ったのだが、僕はこれ以外にもたくさん挑戦してみたいことがあった。

 

 

大学の教授にもらった本にヒッチハイクのことが書かれており、読んでいたらワクワクしてきた。

 

路上でフリーハグや物々交換、聞き屋をやっている人の話を聞き、やってみたいと思った。

 

参加したトークイベントの主催者に憧れ、自分もこんな参加者を楽しませれるイベントを作りたいと思った。

 

 

絶景の写真を見て、自分もこんな景色を実際に見てみたい、そして撮ってみたいと思った。

 

 

 

 

全部挑戦してみた。

 

 

 

もちろん失敗もした。キツイこともあった。

 

 

 

でも自分のやりたいと思ったことだったから、「苦しい」とは思わなかった。

 

 

 

 

たまに

「なんでそんなことするの?」

と聞かれるけど、答えは決まって

 

 

 

おもしろそうだから。

 

実際に経験してみたいから。

 

 

 

 

この2つ。

 

 

 

自分の場合、特に深い理由なんてないんですよね?

 

 

よく、きちんとした理由が必要と言われ

 

「えー、ヒッチハイクは人とのコミュニケーション能力を磨くことができー、そして感謝する気持ちを学ぶためにー、えー…。」

 

みたいなことを言わされがちになりますが、

そんな頭でっかちになりそうな理由いらんでしょ?余計おかしく考えちゃうよ?

と僕は思っちゃいます。

 

 

 

理由なんて後ででいいから、とにかく興味を持ったことはチャレンジしまくりました!

 

 

美味そうな食べ物のCMがやってたら

「何これ!絶対美味そうだし近所に店あるやん!」

と、そのまま食べに行っちゃうみたいに?

 

 

 

 

 

 

【満足いくまで楽しめた旅】

 

f:id:utaparkour:20160918011930j:image

 

 

 

 

 

大学1年の頃から、お金と時間があれば常にパルクールと旅ばかりしていました。

 

 

雪山に行ったり、山奥でキャンプしたり、自転車をひたすら漕ぎまくったり、

ヒッチハイクで東は仙台、西は鹿児島まで行きました。

 

 

大学2年時に海外デビュー。

 

それから東南アジアやオーストラリア、ヨーロッパの国々、計17ヶ国周りました。

 

 

周りからは

「旅し過ぎ」

「将来旅人になってそう」

と散々言われました?

 

 

 

 

そんな旅バカな僕。

 

 

今回の2ヶ月ヨーロッパ、そしてその後にしたヒッチハイクで名古屋⇔仙台の旅を終え、とある感情が生まれました。

 

それは

 

 

 

 

 

「旅はもう満足できるまで出来た☺️」

 

 

 

 

 

 

正直自分でもビックリ。笑

 

 

 

こんな風に思える日がまさか来るとは思いませんでした?

 

 

 

それくらい充実した経験をすることが出来ました☺️

 

 

ではこれから一切旅をしなくなるの?と言われると、

「Yes!」

とはっきりは言えませんが、前みたいに四六時中、旅について考えることはなくなりました?

 

 (パルクールはこれまで通り通常運転です♨️)

 

 

 

 

 

 

【新たに出来た目標】

 

f:id:utaparkour:20160918012351j:image

 

 

 

 

 

やりたいことも全部出来た!

長年の夢も叶えることが出来た!

我が生涯、あんま悔いなし!!!

 

 

後は就活に向けて頑張るフォイ?

と無事に締めくくろうとした時、とても重要なことを僕は思い出してしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あれ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  俺、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 彼女いなくね?☺️☺️☺️」

 

 

 

 

 

 

 

そう、何を隠そうわたくし

 

 

 

青春の代名詞でもある恋愛とやらをしていなかったのです。

 

 

 

「UTA殿wwww

   ほっぺたにごはんつぶがついているでござるよwwwwww」

 

ヒョイッパクッ

 

「おぉwwwww

   かたじけないwwwwww」

 

 

 

なんてやりとりを夢見つつも、くそ旅野郎と化した僕は恋愛そっちのけなことばかりしておりました。

 

 

気付いた頃には時既にたかし。周りの友達は彼女持ち。

 

 

海外ボランティアを共にしたKちゃんもなんか彼女と幸せそうにしてるし。

 

うんこ2回くらい踏まねーかな、あいつ。

 

 

 

 

 

確かに大学生活やりたいことやりまくったけど!

 

男女共に絶対したいであろう大学生の

「ドキがムネムネな恋愛」を

 

 

 

 

 

 

俺はしてねーじゃんか!!!!

 

 

f:id:utaparkour:20160918014830j:image

 

 

 

 

 

 

一緒に花火見に行ったり、ドライブしたり、自転車ニケツして田舎道を走ったり、 知らない街を観光したり、グルメツアーをしたり……。

 

 

 

全部彼女じゃなくて、ゴツい外人としかしとらんやんけぇ!!!!笑

 

 

 

 

前まではカップルを見てもさほどなんとも思わなかったので、弟が家に彼女を連れてきてイチャこいてても

僕はのんびりとキン肉マンを読んでいましたが

 

今となってはあまりの羨ましさに、とりあえず死んでくれと願うばかりです。

 

 

 

 

ってかみなさんも憧れますよね!?

好きな人とイチャこけるとか最高ですよね!?

 

 

 

 

 

 

「もし今彼女が出来たらどうする?」

 

という質問を半年前の自分にしたら、恐らく

 

バイトしてお金貯めて海外でパルクールする」

 

 という、彼女全く関係ない答えが返ってくると思います。

 

 

 

 

 

もうね、アホかと。

 

 

どんだけ旅したいねん。

 

 

答えは

 

「くっっそイチャイチャする」

 

 

に決まっとるだろーが。

 

 

 

 

 

 

 

人間ここまで変わることが出来るのか。

 

 

 

と感心してしまうほど思考が変わりました。

 

 

 

 

ということで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新たに出来た僕の目標。

 

 

それは

 

「彼女を作ること」

 

でございます。

 

 

 

ちなみに僕はいたって大真面目です。

大真面目ではございますが、何分ど素人の極みのため恋愛の先輩方アドバイスお待ちしております。??

 

こんな服にしたら、こんな髪型にしたら彼女が560人くらい出来たよーなんてアドバイスもお待ちしております。

 

 

 

以上、

新たに出来た僕の夢

でした。

 

 

 

 

ご視聴ありがとうございました??

 

(このブログ見た人から確実にバカにされる気がする☺️)